東京の会計士は多いという話。

2019/12/11 ブログ
logo

金融庁が定期的に調査している、監査事務所の動向に関する資料を見てみると、公認会計士は東京に偏在しているというコメントが見受けられます。

https://www.fsa.go.jp/cpaaob/shinsakensa/kouhyou/20190730-1/kouhou-1.html


考えてみれば当然で、公認会計士の独占業務が会計監査、かつ監査対象が東京に偏在しているのであれば、公認会計士も東京に集中せざるを得ないですよね。

 

そうすると出てくる問題が、

独立した会計士が東京でオリジナリティを発揮するのが意外と難しい

というものです。

 

優秀な会計士の方々が東京でひしめき合っている状況で、どのように自分の価値を高めていくか?

 

自分の中で以下の2つの案が思い浮かびました。

 

案1:多面的な経験をする。監査だけではない、スキルを多く身に付けることで自分自身の絶対的な価値を高める。

案2:活動場所を変えてみる。地理的に、レッドオーシャンからブルーオーシャンに移る。

 

上記2つの案を両立するために、当社を立ち上げました。

 

IPOを目指されている会社さまは、最初のうちは監査を受けるには程遠い管理体制であることがほとんどです。本業ビジネスに必死で、管理がわちゃわちゃで、それでも仕方ないと、東奔西走マックスに働く。

 

そうした会社様と膝を突き合わせて、1から物事を決めていくのは、私にとっても大変勉強になります。基本的に勉強大好きですので、数多くのお客様を支えながら、色々な経験をして参りたいと思います。

 

また、実際の活動場所はお客様次第ですが、あえて東京都心ではなく、自分の住んでいる八王子を拠点としました。その理由は主に以下の2つです。

 

・場所を変えることで相対的に自分の価値が上がるはず(ただし八王子がブルーオーシャンだとは決して思っていませんので悪しからず)!

→都心の会計士の皆さんと意識的に守備範囲を変えております。東京の西の方をカバーして、いつでも飛んでいけるように体制を整えました。

 

・八王子市はとても素敵な街で、約5年住んでいるこの街をぜひ支えていきたい!

→特に南大沢が好きで住んでいます。今後南大沢の良さもご紹介していければと思います。

 

みなさんとご一緒に働けることを心待ちにしておりますので、ぜひご連絡をお願い致します。