【東京都】休業の協力依頼などを行う中小企業等に対する支援金

2021/04/25 ブログ

みなさまこんにちは。株式会社TAMAアカウンティングの坂本です。

 

緊急事態措置期間、東京都から行う休業の協力依頼などに対応した場合、支援金が出ます。

 

「休業の協力依頼などを行う中小企業等に対する支援金」について

 

「新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、人流の抑制をより一層図るため、都独自の取組として、休業の協力依頼等に全面的にご協力いただける中小企業、個人事業主等を対象に支援金を支給いたします。」とのことです。

 

施設ごとの東京都からの要請は以下のリンクが参考になります(東京都HPより)。

お問い合わせの多かった主な施設

 

1店舗あたり30万円~34万円の支援金がでます。条件がありますのでよくサイトを読んで下さい。

 

私の気になった点は「全面的に協力」という文言です。例えば、1店舗内でA,Bの2つのサービスを提供しており、東京都からの協力依頼が、

・サービスAについて「休業の協力依頼」

・サービスBについて「入場整理の実施」及び「店舗での飲酒につながる酒類提供又はカラオケ設備の利用自粛」

 

という条件の場合、どのような対応が必要でしょうか。

 

サービスAのみ休業し、サービスBは上記条件を満たした状態で営業した場合、支援金は出るのでしょうか。

 

「全面的に協力」という文言をあえて拡大解釈した場合、「サービスAを提供している店舗は、サービスAだけでなく、店舗自体を休業しなければ「全面的に協力」とは言えない」とも考えられます。

 

現状、東京都のHPからは読めないので、電話で問い合わせを行っています。

 

11回ほど掛けましたが問い合わせが殺到しており、まだかかりません。東京都も大変ですね。

 

進捗わかりましたら追記致します。

ではではsmiley